« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月10日 (木)

うち味噌作り.2011

1月最後の日曜日、恒例のうち味噌作りがありました。

中旬に降った大雪が除々に溶け出し、ようやく普段の生活に戻った(雪かきからの解放!)矢先、またもや大寒波の到来!!しかもイベント当日と重なってしまいました。本当は古屋の古民家で雪景色を見ながらというのも風情があっていいのですが、どうやらそんなレベルの雪ではない!そんな山奥行けっこない!とのことで、急きょ集落センターに変更しての開催となりました。

前日の夜からシンシンと積もった雪の為、キャンセルされる方も多い中、それでも20名を超える参加者さんが遠路遥々いらしてくださいました。

「やっぱすごいねぇ~、雪国だねぇ~」参加者さんの多くは、春日とは違い市街から来られる方ばかりだったので、勢いよく降る雪に圧倒されていました。

さてそんな中始まった味噌作りの様子です。

P1010007

大豆はもちろん地元で育った「フクユタカ」そして米こうじも地元でとれたお米でで作ったものを使います。

P1010010

大量の大豆をつぶすのは、これ!すり鉢やミンチカッターなど色々方法はありますが、大勢でつぶすなら臼が一番!これで体もぽかぽか温まります。

P1010024

P1010023

いい感じでつぶれています。

P1010012

米こうじと塩、つぶした大豆を混ぜていきます。これもなかなか力のいる仕事です。あとは豆汁(豆を煮た時の汁)で耳たぶくらいの堅さまで調節していきます。

P1010019

ソフトボールくらいの大きさに丸めていきます。

P1010025

空気が入らないように詰めていきます。桶が大きい場合はポンポン投げいれられますが、今回は気持ちを込めてギュッギュっと敷き詰めていきました。

「おいしい味噌になぁれ~」

あとは蓋塩をして各お家でしずかに発酵を待ちます。

味噌作りは寒仕込みがうまいとされていますが、こんな大雪が降る寒い日に仕込んだ味噌です。おいしいに決まっています!!

力仕事の後は、お昼ごはんです。特別なものはありませんが、いつもながらの田舎料理です。

P1010041

混ぜご飯、おかわりOK!

P1010035

紅芯大根のネギ味噌のせ このネギ味噌も自家製です!

P1010031_2

その他色々、去年仕込んだ味噌の豚汁もおいしかったです。

こうして大雪のなか無事うち味噌作りは終了しました。

参加者の皆さん、大変な思いをしてこんなに遠い雪国まで来て下さって、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »