« モザイク茶屋でお茶摘み 体験を開催しました。 | トップページ | モザイク茶屋でお茶摘み体験のオリジナル茶ができました。 »

2012年6月22日 (金)

伊吹百草 揖斐川よもぎ

伊吹百草 揖斐川よもぎ

織田信長は、ポルトガル宣教師に薬草を栽培するための土地を伊吹山に与えました。

伊吹山の奥深くそこに住む人達は、薬草を採取し乾燥して茶や風呂用の伊吹百草を作り、峠を越えて売り歩き暮らしていたといいます。

2009_0514_125634p5140088

薬草

揖斐川町春日地域では昔から地元の薬草を用いた生活が営まれてきました。

伊吹百草や伊吹もぐさは最も古い薬草利用で、その材料として欠かせない薬草がよもぎです。

よもぎは、弥生の節句の草餅やもぐさの材料として重宝されていました。

Dscf0545


栽培

品質の良いよもぎを安定的に確保するため地域が一丸となって、よもぎの栽培に取り組んでいます。

そんな揖斐の豊かな自然と農家の深い愛情で育てられたよもぎを「揖斐川よもぎ」と呼んでいます。

「揖斐川よもぎ」は伊吹山一帯に自生するよもぎから良い系統を選抜して栽培しているものです。

Dsc_0199


収穫

柔らかな新芽を地元の農家が心を込めて、一芽、一芽、丁寧に手で摘み取ります。

P6030002_2

Pa310026_5

加工

収穫したよもぎはすぐに茹であげ、その鮮やかな色、豊かな香りを保存します。

Dscf8305_3

|

« モザイク茶屋でお茶摘み 体験を開催しました。 | トップページ | モザイク茶屋でお茶摘み体験のオリジナル茶ができました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257041/45771922

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹百草 揖斐川よもぎ:

« モザイク茶屋でお茶摘み 体験を開催しました。 | トップページ | モザイク茶屋でお茶摘み体験のオリジナル茶ができました。 »